ベトナムでBPOできる?人材のレベルは?ベトナムオフショアのBPOの成功事例や単価をご紹介

BPOって何?オフショア開発で依頼可能なの?

BPOとは、データ入力や、名刺情報の入力、CMS入力を行う事務作業のこと

ベトナムで行える作業のひとつにBPOがあります。BPOとは、ビジネス・プロセス・アウトソーシングと呼ばれ、会社内でデータ入力などの事務作業を行うのではなく、社外に委託する形で作業を進めていくスタイルのことをいいます。

一番のメリットは、効率化が挙げられます。文字やデータ入力などの単純作業を外部に委託することで、より人的コストを内部の経営資源に投入することができます。

オフショア開発でBPOを行うことも可能

文字入力や、データの入力など、「日本語を用いての業務はできるの?」というところが一番気になるところではないでしょうか。

オフショア開発需要の高まりや、日本語を習得するベトナム人の増加により、現在、ベトナムでは私たちが思っているよりもはるかに多く、日本語の知識があります。そのため、単純作業である入力作業もオフショア開発で行うメリットは高いと言えるでしょう。

 

具体的には、どんな業務を行ってもらえるの?

文字入力作業から、画像加工、またエクセルを用いた高度な作業も可能

テキストの入力作業(日本語)をはじめ、画像の加工業務、写真データへの入力、CMSを用いたWEBサイトへの入力業務、経費の入力、計算業務、アクセス解析データの集計など幅広い業務が可能です。

「こんなこともできるの?」というレベルまで、オフショア開発ではできるようになっています。

庶務や総務が行うようなデータ入力、データチェック、営業サポートも可能

特に、社内で日々発生する経費入力やその計算、また経理業務に使用するデータ入力、さらには総務が行う社員の情報入力など、日本人のオフィスワーカーさんが行うような作業まで、オフショア開発ではまかなうことができます。

単なる情報の入力にとどまらず、エクセルを使用した計算業務など、エクセルを使用した高度な作業も行うことが可能です。

また、必要であれば取引先の企業における情報をリサーチし、テレアポが必要な場合にはコールセンターへのサポートや、テキストのサポートを行います。いわば営業の「サポート業務」に至るまで、あらゆるBPOが可能です。

今後は、社内業務のかなりの部分をアウトソーシングし、オフショア開発で行うことがメジャーとなるかもしれません。

ベトナムは、ASEANの他国に比べ「オフィスワーク」というスタイルが根付いている

ベトナムは、ASEANの他国に比べ、事務作業のオフィスワーカーさんが多いことも特徴です。たとえば近隣国のミャンマーは、数年前に民主化がはかられたという国の状況から、

オフィスワーカーという職業自体にまだ歴史が浅く、ワーカーさんの数もまだまだ少ないのが現状です。

しかし、ベトナムでは外資企業が入りチームとして業務を進めていくというベースがあります。そのため、入力作業やデータチェックなども抵抗なくすんなりと業務に入っていける点が特徴です。「離れた社内のオフィスワーカー」という即戦力として、業務を任せることができます。

ベトナム人の国民性からも、業務における正確性、スピード性は高い

ともすれば日本人は、休憩や業務中の私語などで、業務の効率化が落ち気味になってしまう場合もありますが、ベトナム人は、「決められたことをきっちりと行う」とい性質を持っています。そのため、むしろデータ入力の作業などは、日本人よりもスピード性は高く、またその正確性も日本人に引けを取らないレベルです。

単価は月110,000円~

ベトナムオフショア開発でのBPO依頼は、1人月で月額110,000円から依頼ができます。BPOスタッフはエンジニアスキルを持っていないため、エンジニアより低価格になります。日本人のアルバイトをフルタイムで雇うよりも割安な水準ですね。

 

オフショア開発におけるBPOでの成功事例10選

BPOは、あらゆる会社に存在する業務によって変わるので、なにを依頼するのかはアイディア次第。ここでは、実際に任せていたBPO業務の一例をご紹介します。具体的な事例になるため、必ずしもあなたの会社で役立つことばかりではないと思いますが、「こんなことも任せられるんだ!」という参考にしてください。

成功事例(1) ECサイトの日々の更新

楽天市場に出店するある会社の事例で、日々の「楽天ポイント倍率」の表示更新というものがありました。楽天出店者向けのページに毎朝定刻にアクセスし、自社が該当するキャンペーンを確認し、ページの内容を更新するというものです。

こうした「決まったパターン」「定刻に実施」「システムで自動化するのは少し難しい」ものは、BPOの得意分野といえるでしょう。

成功事例(2) 顧客への「検索順位」レポート送付

ある会社では、顧客に対し、検索エンジンで決まったキーワードでの順位レポートを送付することになっていましたが、ツールで取得した順位をエクセルに写し直してレイアウトを整え、決まったメールを作成するなど、一定の業務が生じていました。ベトナムオフショアへのBPO依頼を行い、ルーチンワークが減ったそうです。

システムで自動化することができそうな内容ではありますが、イニシャルコストを考えるとBPOで依頼してもよい案件と言えそうですね。

成功事例(3) 毎月のアクセス解析レポートの作成

ベトナム人スタッフにGoogle Analyticsへのアクセス権限を付与し、毎月アクセス解析レポートを作成する業務を任せた事例があります。必要なデータをチームメンバーが見やすい形で取得するために、どうしてもGoogle Analyticsに書いてある内容をエクセルにまとめなおす…といった業務は、どこの会社にもあるものではないでしょうか。

ベトナム人にもGoogle Analyticsとエクセル雛形を用意して教えることで、立派なレポートができることは、結構驚かれることが多いように思います。

成功事例(4) サイト内の出品状況月次レポート

ある会社の事例で、ホテルチェーンの自社サイトの稼働状況を調べるために、自社および、楽天トラベル等といったOTAサイトでのホテル店舗ごとの部屋在庫の数を、ベトナム人が毎月決まった時間に調べています。依頼者は、OTAサイトごとの偏りがないか等を把握し、全国ホテルチェーンの担当者に指示をするために役立てているそうです。

これもシステム開発により自動化できなくはない案件ですが、OTAサイト側が改修されたときにはシステムにメンテナンスも生じるもの。BPOで頼んでいる時の想定コスト(ラボ型契約のうち、本業務にかけている時間)が圧倒的に安いため、現在でもBPOで依頼しています。

成功事例(5) Amazonへの出品業務

楽天市場にある情報をひたすらAmazonにもコピーする…といった業務は、BPOでの得意ジャンルになります。もし機械的に出品すればよいのであれば、CSVで一括処理することもできそうですが、若干の人間の目による判断だったり、画像加工などが生じる場合、BPOが本領発揮します。

ベトナム人もマニュアルを作成してトレーニングすればAmazon、Yahooショッピング、楽天市場といったEコマース管理画面は問題なく触れます。

成功事例(6) CMSへの記事登録

あるWEBマガジンにおいて、CMSへの入稿作業があります。ところが、ライターとの契約は様々で、CMSに入稿することを契約に含むライターもいれば、Wordやメールなどの形式で提出に限るライターもいるとのこと。そこでCMSへの記事登録という単純作業が生じますが、このような作業こそBPOの得意分野ですね。

この会社の事例では、「CMSへの記事登録」の業務は不定期に生じるため、日常的には他の業務で時間が埋まるように工数をコントロールしているそうです。「もし○○が生じたら、▲▲する」というような不定期業務も、BPOで任せることができます。

成功事例(7) eコマースでの顧客対応

BPO業務では日本語を取り扱う場合は単価がやや高くなる場合がありますが、日本語がわからなくてもなんとかなる定期的な処理が、日常にはたくさんあります。例えば「入金が確認できないステータスの顧客に、入金確認メールを送る」「出荷完了ステータスに移動した顧客へ、出荷完了メールを送る」などです。決まりきった業務を外注することで、日本側のeコマース出荷チームに余裕ができた事例です。

成功事例(8) 投稿サイトでの画像の巡回チェック

とあるサイトでは、instagramのAPIを活用して特定のタグを自動表示しています。システム的に特定の画像だけ非表示にできる機能も搭載しているそうで、「荒らし」や「いたずら」による投稿をベトナム側で判断しリジェクトしているのだとか。言語依存しない業務は、オフショアでのBPOで解決できるため、成功事例といえそうです。

いずれAIが解決しそうな課題でもあるのですが、GoogleやFacebookの規模でないとAIを活用することは難しいもの。いまはこうした業務はまだまだBPOにコスト・手軽さで勝りますね。

成功事例(9) Webサイトのリンクチェック

とあるサイトでは、ユーザーが独自に投稿できる簡単なCGMのような機能がありますが、昨今のGoogle対策でリンク切れがマイナス評価になると知った事業オーナーより「投稿にリンク切れがあったらリンクを削除したい」と号令が。急にシステムを組むこともスケジュールと予算上叶わなかった担当者は、BPOでこの依頼を解決することに。

並行してシステム開発によるリンクチェックも検討しているそうですが、いまは月1回のルーチンワークとしてベトナム人スタッフによるリンク目視チェックが行われています。

成功事例(10) リスティング広告の運用

Google AdwordsやYahooリスティング広告といったリスティング広告(運用型広告)も、ベトナム人スタッフで行えます。依頼者は、エクセルで広告文やリンク先を入稿し、画像をメールするのみ。決まった様式を事前に定めてトレーニングする必要はありますが、100社を超えるクライアントのリスティング広告の随時発生するキャンペーンのセットアップをベトナムで行っており、大いに人件費削減に役立っているそうです。

合わせて読みたい、ベトナムオフショア開発の単価・費用の話

ここまでベトナムオフショアのBPO活用について触れてきましたが、ベトナムオフショアといえば開発もまたニーズが根強いもの。「なにが・いくらで・どれくらい出来るのか」について端的にまとめた記事が人きです。こちらもぜひあわせてご覧ください。

ベトナムオフショア開発の費用や単価は?やっぱり安い?エンジニアレベルごとの水準をご紹介

 

業務を見直して、外注できることを探そう!

いかがでしたか?ベトナムオフショア開発は、BPO にも有効活用できます。事務作業をベトナムに委託することで、コスト削減ができ、かつ日本側は本業に専念することができます。

「ダナン観光案内所」を運営する「IFV Asia」は、ベトナムでオフショア開発を営む日本法人です。大量の事務作業の代行から、最近お問い合わせの多いRPA(Robotic Process Automation )まで幅広く対応可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせは、日本法人での対応が可能です。詳しくは以下よりお問い合わせください。

ベトナム法人のご紹介

IF Vietnam Co., Ltd.

Web : http://if-vietnam.com

日本法人のお問い合わせ先はこちら

株式会社アイエフヴィアジア

Web : http://i-fusion.asia/

E-mail : info@if-vietnam.com

Tel : 03-6824-9033

(受付時間:平日10:00~18:00)

お問い合わせフォームも用意しております。

 

↓ JTBならダナン・ホイアンのお得なツアープランも満載! ↓

Related post

この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
最低悪い普通イイネ!最高! (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。
★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチッ」とお気軽にどうぞ。

スパム防止の為、コメントは承認制とさせて頂いております。特定の店舗・企業の紹介やURLを含むコメントは、基本的に表示されませんのでご了承下さい。(コメント内容を一部編集させて頂く事もあります)

  • Comments (0)

WEBクーポン無料配布中!

ダナンの各店舗で使えるお得なクーポン一覧をチェックできます。

ピックアップ記事

  1. 2017-3-8

    ダナンの4大ビーチの特徴を徹底解説!ビーチの透明度や利用方法、オススメ時期などをご紹介します

    ベトナム ダナンは、ビーチリゾート地として世界中の旅行者から人気を集めています。 ダナンの美しいビ…
  2. 2016-2-26

    ベトナムコーヒーの美味しい飲み方(淹れ方)

    ベトナムコーヒーは、素材の味を引き立てる為の美味しい飲み方(淹れ方)があります。 元々、ベトナムコ…
  3. 2016-7-21

    ホイアンの高級リゾートホテル THE NAM HAI 旅行記

    THE NAM HAIホテル提供写真 リゾートホテルで優雅に過ごすホイアン旅行 ダナン国…

新着記事

  1. 2018-10-11

    スパや朝食が目玉!「フュージョン・マイア・ダナンリゾート」

    フュージョン・マイア・ダナンリゾートは、US版フォーブス誌が選ぶ「世界のきれいなビーチ6選」に選ばれ…
  2. 2018-10-2

    地元民おすすめ!ホイアン名物が味わえるお店9選

    ホイアンの旧市街は、国内外問わず、世界中から注目される観光スポットと言えますが、なぜそんなに人々を魅…

ダナン関連ツイート

ダナン市のフリーWi-Fi

ダナン市は公共Wi-Fiを使える所があります

常にいつでもWi-Fiを使いたい際はポケットWiFiのレンタルがオススメ

ダナン旅行FAQ

ダナン旅行でよくある質問と回答一覧

Return Top