ベトナムオフショアの開発単価は?高い?安い?エンジニアレベルごとの水準をご紹介

エンジニア人口は慢性的!オフショア開発したほうがいい?

日本人を外注すると月100万円~

高騰するエンジニアの給与や、求人の現状を見てもわかるように、日本国内において、エンジニアを採用することは非常に厳しいのが実状。さらに、外注をすると1人月100万円はくだらない市況となっています。知名度があって給与が良くてもエンジニアの求人にはなかなか応募がないと言われていますね。

有名ベンチャーでもエンジニアの採用は苦戦

特に、東京都内においては、いわゆるエンジニアの「引っ張りだこ」状態。大手企業や有名ベンチャー企業でなければ、エンジニアを自由に選ぶことは難しい状態のようです。
この背景には、高まるIT需要に合わせて、「エンジニアになりたい」という若者は年々増加傾向にあるものの、それ以上に製作開発業務のマーケットの伸びが早く、供給が需要に追い付かない状況があります。
世の中にIT開発製作という仕事が拡大し、今後もその拡大化は増加すると見られています。

 

海外オフショア開発で注目されるベトナム

エンジニア不足、という社会背景から、ベトナムオフショア開発への関心が高まっています。「ベトナムオフショア開発の単価は安そう」という認識はみなさん、持たれていると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。それを語るには、ベースの知識と、日本での開発単価と比較する必要があります。

開発費用の原価を知ろう

そもそも日本、アメリカ、ベトナムなどどんな国であっても、製作開発会社は、エンジニアの給料の3倍が売値となっています。
つまり、ベトナム人の給与は、日本の1/3ほど、売値が100万円の日本人は、35万円の給与となる計算です。
つぎに、日本での開発単価、東京での製作開発を例に挙げると、エンジニアで単価1日5~6万円となります。仮に1日5万円だとすると、25日稼働でおよそ月にすると110万円ほどが支払われる計算になります。

ベトナムオフショア開発の単価はどのくらい?

一方、ベトナム人では、これらの単価がエンジニアだと24万円になりますので、およそ1/4の単価で済む計算になります。単発案件で1/3ほど、年間契約だと1/4ほどの人件コストになる計算です。
なお、これらのコストは、エンジニアのレベルによって異なります。エンジニアのレベルは大きく3段階あり、最も上のランクは、日本人窓口としての業務になります。このレベルのエンジニアは、技術職ではなくディレクター職になります。このディレクター職が最も賃金が高い役職です。

ちなみに、ベトナムオフショア開発において、開発歴「10年」という人材は、今のところほとんど出てきていません。今後、長い経験とキャリアを積んだエンジニアも出現してくるでしょう。
ちなみに、IBMの上級SE、日本だと月給300万と言われています。大手企業で、いかにエンジニアが重要視されているか、とともに企業からすると大きなコストがかかることもわかるのではないでしょうか。そういった意味でもベトナムのオフショア開発でエンジニアを雇うメリットは大きなものと言えるでしょう。

以下はベトナムオフショア開発の単価例になります。

 

◆コーダー/フロントエンドエンジニア

スタッフレベル/WEBスクール新卒 174,000円
ミドルレベル/実務経験1年以上 198,000円
リーダー・シニアレベル/実務経験3年以上 218,000円~

◆エンジニア/プログラマー

スタッフレベル/WEBスクール新卒 198,000円
ミドルレベル/実務経験1年以上 218,000円
リーダー・シニアレベル/実務経験3年以上 246,000円~

 

他国のエンジニアにおける基準単価はどのくらい?

中国のオフショア開発費用は、ベトナムの3倍

同じくオフショア開発を行っている中国の人件コストはベトナムの3倍ほどです。ベトナム人の給料が7万だとした場合、中国人の給与は20万円ほどの計算になります。つまり日本人と遜色ない水準になってきています。
一時、中国のオフショアが流行した時期がありましたが、現在では、中国人の給与が日本人に追い付いてしまったので、コスト削減という意味では、中国でオフショアする意味が薄くなってしまいました。そのため、徐々にオフショア開発は、ベトナムをはじめとした東南アジアへと移行する動きがあるようです。

インドのオフショア開発費用は、中国と同程度

中国、ベトナムはオフショアのツートップではありますが、その他「インド」にもオフショア開発があります。インドのオフショア開発費用は、中国とほぼ同じくらいです。

ミャンマーのオフショア開発費用は、ベトナムの7掛け

東南アジアにある「ミャンマー」はベトナムの7掛けほど。ベトナムよりもさらに人件コストが安く抑えられるというメリットがあります。しかし、ミャンマーオフショアの歴史はベトナムより浅く、2~3年ほど。
実際にミャンマーでのオフショア開発を試された方からは、「10年前のベトナム同様にスキル、経験がないため仕事にならない」といった声や、「インフラもまだ追い付いていない。停電があるので業務に支障が出る」といった声が聞かれることもあります。

ただし、ミャンマー人の大きなメリットが「日本語の習得が他の国より比較的上手い」ことが挙げられます。そのため、今後、ベトナムの地位が脅かされる可能性もあります。しかしながら、ミャンマーではロヒンギャ問題、フィリピンのIS問題等など、ミャンマー国内の情勢が安定していないといった側面もあります。

その点、ベトナムは治安も政情も比較的安定しており、相対的に人件費がまだ安い点などから、ベトナムでのオフショア開発の方がメリットが高いと言えるでしょう。

 

最安値ではないベトナムがなぜ選ばれてるの?

ベトナムオフショア開発は、「安さ」だけが売りではない

例えばオフショア開発に「安さ」を求めた場合、将来的にはアフリカにエンジニアを求めていく、という発想になるかもしれません。実際、アフリカでは3年くらい前にウガンダに印刷系のオフショアを立ち上げた方がいるくらい、「コストが安い」という部分で魅力的ではあります。アフリカでのオフショアも今後、拡大していく事業のひとつにはなるかと思いますが、現状ではインフラの悪さが一番問題のようです。

その点、ベトナムオフショア開発を選ぶ会社も、ベトナムでオフショア開発会社を営む日本法人も、「コスト安だけ」という部分だけで永久のサービスとして考えているわけではありません。
電気やインターネットといったインフラ、政治の安定性、日本からの距離、親日性、総合的な判断のもと、「ベトナムが合理的だ」と判断しているひとが多いのです。

日本からの距離・コストの面からもベトナムは最適

「ベトナムオフショア開発は合理的だ」と考える要因のひとつに、「心理的距離が実測距離に比例する」という考え方があります。この考え方に基づけば、東南アジア~インドくらいまでは「アジア」ということができます。そういう意味では、日本のオフショアはミャンマーまでが西の端の限界、ということもできるでしょう。
地政学的な観点からすれば、東南アジアやASEANはひとくくりになりますが、ベトナムや中国は、「漢字とお箸を使う同一文化圏」でもあります。同ベース民族ともいえるベトナム人は、大乗仏教を信仰している点も日本と似た文化を持っています。フランス領時代にアルファベットになりましたが、100年前まで漢字を使用しており、お米をお箸で食べるという食文化なども共通点がいくつもあることが挙げられます。

国民性に目を向けると、他のアジアに比べてベトナム人は日本をリスペクトし、「一緒にやりたい」という気持ちを持っている人が多く、親日を超えて「尊日」という人がいるほど、日本に対して好印象を持っています。
※もちろん、「台湾」も親日国ではありますが、物価も教育レベルも7~8割まで達しているため、コストの価値が出にくいといったデメリットがあります。

ベトナムのオフショア開発もいずれは単価があがる?

オフショア開発先を探すときに、「中国と同じように、いずれは開発単価があがるのではないか」と心配する声があります。コスト削減のためにオフショア開発を検討するのですから、もっともなことです。

究極的に言ってしまえば、ベトナムのオフショア単価はそのうち上がるでしょう。そのときに、次の国を探すか、ベトナムオフショア開発を続けるかは、発注者とベトナム人との関係性によって変わると思います。
この未来を予測するのに参考となるのが、インドの上流オフショア開発会社と、アメリカとの関係です。実は、インド人とアメリカ人のエンジニアの単価は全く変わりません。そもそも、20~30年前、「英語が通じるから」という理由で、インドにオフショアを始めたのがオフショア開発の始まりですが…時は流れ、アメリカとインドの間でも、単価が上がっていくのですが、それと同時にスキルも上がってきたのです。
現在でも、アメリカの一部のエリアでは単価が同じでも、インド人のエンジニアの方がアメリカよりレベルが高く、それは双方認める事実となっています。アメリカはインドが安くなくなっててもオフショア開発のパートナーとして選び続けているのです。

「スキルが上がって単価も上げることこそが、ベトナム人にとってハッピーである」という考えに日本側の会社も理解がある未来が来ることを願います。アメリカとインドの関係のように、関係者全員で成長できるとよいですね。

 

ベトナムオフショア開発の価値は大きい!

日本人の国民性でもある「勤勉さ」、これはベトナム人にも共通しています。他のASEANの国と比べても勤勉で真面目さが際立ちます。
また、ベトナム人が外国語大学で専攻しているのが、英語の次に日本語を専攻している国も、ベトナムだけです。これは、日本企業で働くという意識がある、という背景も関係しているといっても過言ではありません。
地政学的な面、親日感情、コスト面の安さ、勤勉さなど総合的に見て、ベトナムオフショア開発を使用する「価値」は他国のオフショアよりも高いと言えるでしょう。

 

ベトナムオフショア開発の企業を知って、発注に役立てよう!

いかがでしたか? ベトナムとその他の国を様々な角度から比較することで、ベトナムオフショア開発のメリット、デメリットが見えてくるかと思います。
少しでもご興味を持たれた場合は、まずはオフショア会社に問い合わせてみる、実際に視察に行ってみることをおすすめ致します。
「ダナン観光案内所」を運営する「IFV Asia」は、ベトナムでオフショア開発を営む日本法人で、幅広い業務に対応することが可能です。注目のリゾート地ダナンの活気ある開発現場を是非ご覧になってください。


お問合わせは、日本法人での対応が可能です。詳しくは以下よりお問い合わせください。

ベトナム法人のご紹介

IF Vietnam Co., Ltd.

Web : http://if-vietnam.com

日本法人のお問い合わせ先はこちら

株式会社アイエフヴィアジア

Web : http://i-fusion.asia/

E-mail : info@if-vietnam.com

Tel : 03-6824-9033

(受付時間:平日10:00~18:00)

お問い合わせフォームも用意しております。

↓ JTBならダナン・ホイアンのお得なツアープランも満載! ↓

Related post

この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
最低悪い普通イイネ!最高! (1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。
★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチッ」とお気軽にどうぞ。

スパム防止の為、コメントは承認制とさせて頂いております。特定の店舗・企業の紹介やURLを含むコメントは、基本的に表示されませんのでご了承下さい。(コメント内容を一部編集させて頂く事もあります)

  • Comments (0)

WEBクーポン無料配布中!

ダナンの各店舗で使えるお得なクーポン一覧をチェックできます。

ピックアップ記事

  1. 2015-7-12

    ベトナム料理を楽しもう!ベトナム料理ってどんな料理があるの?

    ベトナム料理は、主に日本でも有名なフォーや生春巻き、バインミー(フランスパンのサンドウィッチ)などが…
  2. 2016-7-21

    ホイアンの高級リゾートホテル THE NAM HAI 旅行記

    THE NAM HAIホテル提供写真 リゾートホテルで優雅に過ごすホイアン旅行 ダナン国…
  3. 2016-4-12

    ダナン名物ミークアン(My Quang)を1972年創業の老舗人気店[AI NGHIA]で食べよう!

    ダナン名物ミークアン(Mi Quang)は、米粉から作られた麺料理です。 見た目は日本のきしめんに…

新着記事

  1. 2018-9-25

    ベトナムでオフショア開発する時の失敗事例は?何を気をつけるべき?

    ベトナムオフショア開発、何に気をつけるべき? 日本人とちょっと違う、ベトナム人気質 ベトナム人と…
  2. 2018-9-21

    ベトナムオフショアの課題・問題点ってなに?解決策はあるの?

    ベトナムオフショアの問題点を知ろう 問題点を意識して、スムーズな開発を ベトナムオフショア開発、…

ダナン関連ツイート

ダナン市のフリーWi-Fi

ダナン市は公共Wi-Fiを使える所があります

常にいつでもWi-Fiを使いたい際はポケットWiFiのレンタルがオススメ

ダナン旅行FAQ

ダナン旅行でよくある質問と回答一覧

Return Top