ベトナム フエの魅力とは?ベトナム初の世界遺産に登録された古都フエ

世界遺産

フエ(Huế)は、1802年から1945年にかけてベトナムに存在していた阮朝(グエン朝)の首都(古都)です。

1993年、歴史的建造物群がベトナムで最初に世界遺産に登録され、多くの歴史好きな旅行者が訪れています。

古都という観点から、日本でいうと京都や奈良のようなイメージです。

フエ(Huế)への行き方

フエ市は、ダナンから約100kmほど北に位置し、車で約2時間で行くことが出来ます。ダナンからフエへ行く方法はいくつかありますが、各観光地の歴史的建造物に案内板はない為、個人でタクシーなどで移動するよりガイド付きの現地ツアーを利用するのが一般的です。

143年間、13代にわたって続いたグエン朝

ザーロン帝

初代王朝ザーロン帝

グエン朝は、今から200年以上前の1802年、内乱が続くベトナムを統一させる為に、フランスの援助を受け初代王朝(ザーロン帝)が創設しました。

その後1945年までの143年間、13代の皇帝にわたって統治されてきました。王宮建設から始まり、各皇帝の個性に合わせた建築様式による寺院や帝陵が今もフエ市内に点在しています。

歴代皇帝は、それぞれ価値観も異なり、中には人気の無かった皇帝もいたなど、歴史を紐解くと面白い発見が出来ますよ!

阮朝(グエン朝)の歴史年表

在位称号(元号)没年備考
初代
1802~1819年
ザーロン帝
(嘉隆帝)
1820年2月3日
(満57歳没)
  • 阮朝王宮建設

  • 内乱を統一させる為、フランスの援助を受け創設
第2代皇帝
1820~1840年
ミンマン帝
(明命帝)
1841年1月20日
(満49歳没)
  • ミンマン帝廟

  • キリスト教徒弾圧によりヨーロッパと対立する原因になる
第3代皇帝
1840~1847年
ティエウチ帝
(紹治帝)
1847年11月4日
(満40歳没)
第4代皇帝
1847~1883年
トゥドゥック帝
(嗣徳帝)
1883年7月17日
(満53歳没)
  • トゥドゥック帝廟

  • 1858年にフランス・スペイン連合軍がダナンに進攻開始
第5代皇帝
1883年
ズクドゥク帝
(育徳帝)
1883年10月6日
(満31歳没)
  • 嗣徳帝の弟の子

  • 嗣徳帝は育徳帝に対し不満があり、後継者に指名したわずか3日後に後継者の地位を剥奪される

  • その後絶食させられ餓死
第6代皇帝
1883年
ヒエップホア帝
(協和帝)
1883年11月29日
(満36歳没)
  • 3代目皇帝の紹治帝の第29皇子

  • 当時の朝廷「阮文祥」ら3名の傀儡でしかなかった

  • 朝廷に不満を持った協和帝はフランスに接近しようとしたが失敗し廃位させられ毒殺される
第7代皇帝
1883~1884年
キエンフク帝
(建福帝)
1884年7月31日
(満15歳没)
  • 実子のいなかった4代目嗣徳帝の最年少の養子

  • 協和帝と同じく朝廷に不満を抱えていた

  • 自分の養母である阮氏香と官僚の阮文祥が密通していることに気づき処罰しようとしたが失敗し毒殺される
第8代皇帝
1884~1885年
ハムギ帝
(咸宜帝)
1943年1月14日
(満70歳没)
  • 13歳で即位するも翌年に抗仏勤皇大蜂起の檄を発して王都フエを脱出

  • 地方の知識人にフランスへの徹底抗戦を訴える

  • 1888年ついに捕らえられてアルジェリアに配流
第9代皇帝
1885~1888年
ドンカイン帝
(同慶帝)
1889年1月28日
(満24歳没)
  • 嗣徳帝の甥で22歳で即位
第10代皇帝
1888~1907年
タインタイ帝
(成泰帝)
1954年3月24日
(満75歳没)
  • 3日で廃位された5代育徳帝の子で10歳で即位

  • 実権を握るフランスに反抗心を持つようになり、1907年に28歳で退位させられ、息子の維新帝に譲位した

  • 退位後はベトナム南部のブンタウに追放される

  • 1916年、維新帝が反フランス勢力に加担して廃位されると、親子揃ってレユニオン島へ流刑される
第11代皇帝
1907~1916年
ズイタン帝
(維新帝)
1945年12月26日
(満45歳没)
  • 7歳で即位

  • 1916年16歳になった頃、維新帝が反フランス勢力に加担して廃位されると、親子揃ってレユニオン島へ流刑される

  • 1945年ベトナム八月革命により、ベトナム民主共和国最高顧問に就任

  • 一度帰国の為レユニオン島に戻る途中、中央アフリカで飛行機の墜落により死去
第12代皇帝
1916~1925年
カイディン帝
(啓定帝)
1925年11月6日
(満40歳没)
  • カイディン帝廟

  • 9代目同慶帝の子で31歳で皇帝の座に就く

  • 増税や贅沢な暮らしをしていた為、評判が悪かった

  • 後のホー・チ・ミン氏からも批判され、啓定帝を風刺する戯曲「竹の龍」を著した。

  • 1925年結核により40歳で死去

第13代皇帝
1925~1945年
バオダイ帝
(保大帝)
1997年7月30日
(満83歳没)
  • グエン朝最後の皇帝

  • 1925年父が結核で死去後即位するも留学を続ける為フランスへ戻る

  • 太平洋戦争末期、日本軍がフランス軍を制圧し、フランスからの独立宣言

  • ベトナム帝国を樹立し皇帝→ベトナム最初の元首となる

  • 日本が敗戦すると八月革命が起こり、1945年8月30日に退位

ちなみに1802年~1945年の143年の間は、日本では江戸幕府から明治維新、第二次世界大戦があった時代です。(1945年に広島・長崎に原爆投下、第二次世界大戦終結)

王朝時代に築かれた数々の歴史的建造物(世界遺産)

13代にわたって続いた歴代皇帝ですが、今は7人の皇帝の帝陵が残っています。中でも世界遺産に指定されており、歴史好きな旅行者に人気の帝陵や廟をご紹介します。

カイディン帝廟

カイディン帝廟は、12代目皇帝のカイディン帝の帝陵(お墓)です。

1916年から1925年まで皇帝の座に就き、1920年からカイディン帝の死後6年後の1931年まで、12年の歳月をかけて建立されました。

カイディン帝廟

カイディン帝は、新しい派手なもの好きで金遣いが荒く、自分の墓地を建設する為に国民の税金を30%増加、12年かけて造られたことから建築費用も嵩み、当時のベトナム人には人気がなかったと言われています。

当時、フランス植民地時代であったことからフランスの建築様式も取り入れ、他の帝廟とは違う独特の雰囲気になっています。

人気の無かった皇帝と言われていますが、帝廟の中で一番長い時間とお金をかけて造られただけに、細部までこだわった大理石の部屋の天井やガラスが埋め込まれた美しい彫刻が並び、歴史や彫刻好きには見応えある帝廟ですよ。

トゥドゥック帝廟

グエン朝で最も在位が長かった4代目皇帝のトゥドゥック帝の帝陵です。1847年から1883年の36年間皇帝の座に就き、1867年に3年かけてこの帝廟が完成しました。

生前は、トゥドゥック帝の別荘としても使われ、475ha(4,750,000㎡)ある広大な敷地に、水面に蓮が浮かぶ大きな池や堀、釣殿、廟、墓碑などがあります。

トゥドゥック帝廟

1883年にフエ条約により、フランスの保護国として植民地時代になりましたが、トゥドゥック帝は文化的にまだフランスの影響を受けておらず、東洋の建築様式で帝廟が作られています。

トゥドゥック帝廟は、全ての廟に「謙遜」を意味する「謙」の言葉が使われており、トゥドゥック帝が常に謙虚な気持ちの持ち主でありたいという想いが込められています。

阮朝王宮

阮朝(グエン朝)の王宮で1803年に建設が開始されました。

「フエ」と言えば「阮朝王宮」と象徴できる程の観光名所で、世界遺産に登録されているフエの歴史的建造物の中でも一番人気のスポットです。

フエ王宮

フエの真ん中を流れるフォン川のほとりの旧市街に位置し、高さ5mの頑丈な城壁で囲まれた600m四方の王宮内には30以上の宮殿が並んでいたと言われています。更に城壁の周りには10kmの外掘りが掘られています。

しかし、フエはベトナム戦争の激戦区であった為、多くの建物が大破されてしまっています。ほとんどが跡地となりますが、「王宮門」「太和殿(だいわでん)」「顕臨閣(けいりんかく)」「世祖廟(せそびょう)」「閲是堂(えつぜどう)」など、残っている建物を見学することができます。

フエで最も古いティエンムー寺

フエで最も古く美しいお寺と言われているのがティエンムー寺。阮朝(グエン朝)が始まる前のチャンパ王国時代の1601年に建てられたお寺です。高さ21m、幸福と天の恵みを意味する八角形7層の福縁塔です。

ちなみに1601年は、江戸幕府がホイアンと正式に交易を拡大させた年です。ホイアンに日本人街も出来た頃の時代です。

ティエンムー寺

ティエンムーの伝説

ある日老婆が「まもなくここに支配者が現れ、ここに大きな塔を建てるだろう」と告げて去り、実は老婆は人間の姿をした天女だったと言われています。

その為、「天女の寺=ティエンムー寺」と呼ばれるようになりました。天女の予言通り、この地に「グエン・ホアン」という王がこの地を偶然にも訪れ寺を建てました。

現地ツアーで周るコース

現地ツアーも上記で紹介した観光名所を周ります。

日系のJTB「ダナン発世界遺産フエ1日観光ツアー」では、「カイディン帝廟」→「トゥドゥック帝廟」→「昼食」→「阮朝王宮」→「ティエンムー寺」というコースです。

現地ツアーを利用せず、自由に自分達で周ることも出来ますが、歴史の基礎知識を事前に学習しないとあまり楽しめません。

また、上記でご紹介した世界遺産の観光名所は、一つ一つの箇所が広大な敷地で歴史の説明を記した案内板もない為、ガイド付きのツアーで観光すると時間の効率も良いのでお勧めですよ。

↓ JTBならダナン・ホイアンのお得なツアープランも満載! ↓
碓氷

碓氷ライター

投稿者プロフィール

2011年~ダナン在住。
ダナン旅行が初めての人にも、安心してベトナム中部を楽しく満喫できる情報を提供できるよう心掛けています。
ダナン在住者視点で、ダナンやホイアン観光地の本音やハウツー情報もお伝えできればと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

この記事は参考になりましたか?

みんなの評価 
最低悪い普通イイネ!最高! (1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。
★を選択することで誰でも簡単に評価できますので「ポチッ」とお気軽にどうぞ。

スパム防止の為、コメントは承認制とさせて頂いております。特定の店舗・企業の紹介やURLを含むコメントは、基本的に表示されませんのでご了承下さい。(コメント内容を一部編集させて頂く事もあります)

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


WEBクーポン無料配布中!

ダナンの各店舗で使えるお得なクーポン一覧をチェックできます。

ピックアップ記事

  1. 2017-3-8

    ダナンの4大ビーチの特徴を徹底解説!ビーチの透明度や利用方法、オススメ時期などをご紹介します

    ベトナム ダナンは、ビーチリゾート地として世界中の旅行者から人気を集めています。 ダナンの美しいビ…
  2. 2016-7-9

    ホイアンのAn Bangビーチ沿いにあるお洒落なレストラン&バー[Soul Kitchen(ソウル・キッチン)]でのんびり過ごそう

    ホイアンには2つのビーチがありますが、特にAn Bang(アンバン)ビーチは欧米人に人気のスポットと…
  3. 2016-7-21

    ホイアンの高級リゾートホテル THE NAM HAI 旅行記

    THE NAM HAIホテル提供写真 リゾートホテルで優雅に過ごすホイアン旅行 ダナン国…

新着記事

  1. 2017-5-19

    ダナン国際空港 第2ターミナルの空港マップと各エリアのご紹介

    ダナン国際空港の第2ターミナルは、2017年5月9日に新設され国際線専用のターミナルとして稼働を開始…
  2. 2017-5-12

    ダナンで人気のベトナム料理レストラン「LAM VIEN Restaurant(ラム ビエンレストラン)」で様々な美味しいベトナム料理を楽しもう!

    ダナンのベトナム料理レストランの中でも、特に人気なのが「LAM VIEN Restaurant(ラム…

ダナン関連ツイート

ダナン市のフリーWi-Fi

ダナン市は公共Wi-Fiを使える所があります

常にいつでもWi-Fiを使いたい際はポケットWi-Fiレンタルがオススメ

ダナン旅行FAQ

ダナン旅行でよくある質問と回答一覧

ページ上部へ戻る